成人の情報を見て惑わされないようにしてください

小児期にみられる線維筋痛症は「若年性線維筋痛症」といわれ、発症は 10才前後に集中しています。男女比は1:4~8と、女児に多い傾向が あります。

 

症状の中心は「全身の疼痛」にあり、軽く触れただけで激しい疼痛を訴えるアロデニアを特徴としています。これに加えて、原因不明の筋肉痛、関節痛や持続的な頭痛を訴えることも少なくありません

 

慢性疲労感、睡眠障害、低体温を訴える例は半数以上あり、経過がすすむと異常な発汗、末梢冷感(手足が冷たくなる)、チアノーゼ、四肢の浮腫(むくみ)などの自律神経症状が加わってきます。このため登校障害(不登校)に至る子どもがほとんどです。ときに摂食障害(食思不振症、過食症)に陥る例もあります。

 

線維筋痛症では他の疾患に伴う疼痛とは異なり臓器・組織の炎症を認めないことが特徴です。

また、一定の身体部位に圧痛(押すと痛い)があります。これが「圧痛点」で、極めて限局しており、この点をわずかにずれても圧痛はでなくなります。

慢性に経過したリウマチ・膠原病患者の一部以外にこの圧痛点を認めることはないので、線維筋痛症の診断の有力な根拠になります。

 

若年性線維筋痛症が成人のそれともっとも異なることは、疼痛が始まる年齢に大きな特徴があることです。9歳~10歳にピークがあり、子どもの発育過程の中で「早期思春期」と呼ばれる時期に相当します。

 

また、若年性線維筋痛症の子どもは、性格もきわだっており、いわゆる“良い子”で、真面目、頑固、完璧主義、潔癖主義、妥協を許さないなど柔軟性の欠如があり、コミュニケーション障害、融通性に欠ける性格、他人への過剰な気遣いなどが特徴的です。この点は線維筋痛症を考える上で、鍵となる特徴と思われます。

 

個々の例には発症の原因となる事態があり、子どもにとって強力な「心的ストレス」が発症の契機になっていると思われます。

若年性線維筋痛症は、特定の発達時期にある特異な性格傾向の子どもに、不可避的な心的ストレスが加わって生じたものと考えることができます。

“心的”とはいえ、疼痛は実際に生じており、圧痛点という共通の所見があり、所謂“心因性疾患”とはいえず、脳内環境の生化学的な変化が推定されます。